アタマジラミは早く気づくことが肝心

異変に早く気づけるかが重要

子供が頻繁に頭を掻くようになったら、アタマジラミが居ないかチェックしておきましょう。

シラミを知らない子供にとっては、「あたまが、なんだかムズムズする」程度の自覚症状しかないものです。

親としても、アタマジラミが身近なものだと知らなけれ、「まさかうちの子に限って」という認識にもなりがちです。

しかし、アタマジラミは、子供同士の頭が触れただけで、簡単に移ってしまう身近な寄生虫です。

アタマジラミにいち早く気づくには?

子供が後頭部を掻くようになっていないかチェックすることが大事です。

幼稚園や小学校のお便りで、「シラミ流行のお知らせ」が届いたら、子供の頭をしっかりチェックしておきます。

一通りチェックしても心配な場合は、シラミ専用クシを早めに準備しておくのが得策です。すぐに処置に取り掛かれます。

頭がかゆくなる原因

アタマジラミの吸血により、蚊に刺された時と同じように、アレルギー反応によるかゆみを覚えるようになります。

特に、アタマジラミは耳のうしろや後頭部など、皮膚の柔らかい部分を好むと言われています。

アレルギー反応は、アタマジラミが血を吸う際に注入する唾液成分によるものです。個人差があり、全くかゆみを感じない場合もあります。

関連記事一覧

MENU