アタマジラミの駆除に最適な製品を見つけました

天然成分で効き目が早いシラミ駆除剤

天然成分のみでシラミを早期駆除できる製品を見つけました。

使用されているのは、天然のミネラルオイル由来の成分のみです。

肌の弱い子供にも安心して使えます。

主成分である「ナトラム・ミューリアティカム」は、安全性の高さだけでなく、最短20分でシラミが駆除できたと臨床実験で確認されています。

シラミの呼吸を遮断する働き、水分を奪う働きの2つで効果的に駆除してくれます。

>>シラミンローションの詳細はこちら

アタマジラミの特徴

■成虫

アタマジラミの成虫は、体長が2~4mmほどで、白色や茶褐色の見た目をしています。耳のうしろや後頭部を好んで寄生します。

成虫になってからの寿命は、30~45日程度と言われていて、1日平均5個程度の卵を産み続けるそうです。

■卵

卵の大きさは、0.5~1mmほどです。光沢のある灰色がかった白色の楕円形をしています。

病院では駆除してくれない

アタマジラミを見つけた場合、病院で診てもらうことは可能です。

ただし、確認だけです。駆除してくれません。

アタマジラミの寄生自体は、病気ではないので、診察にかかる費用、駆除剤の購入費用は、全て自己負担となります。

病院でしてくれることは、シラミ駆除の方法説明と駆除剤の紹介です。後は、自分たちで対処しなくてはいけません。

従来の駆除剤は殺虫剤を含む

従来の駆除剤に使われている成分(ピレスロイド系)は、殺虫スプレーや農薬に使われているものと同じです。

インターネットでシラミ駆除製品に関わるレビュー、体験者ブログなどを見てみると、「子供の頭皮に殺虫剤をかけるようで、抵抗がある」という声も少なくありません。

殺虫剤成分を使用しても、簡単に駆除できないケースが増えていることも問題です。

従来のシラミ駆除剤を使用した場合、処置には、早くても10日~2週間程度必要となります。

卵の駆除が課題

従来製品のもう一つの問題点は、卵を駆除できないことです。

ピレスロイド系の殺虫剤は、神経毒による駆除を行います。成虫や幼虫の神経に影響を与える毒素を使って動けなくするのです。

卵には、効き目がない成分です。

卵を駆除するには、シラミ専用のクシで根気よく取り続けるしかないのです。

また、毛髪の付け根付近の卵は、無理に取ると子どもの頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、十分に注意してください。

抵抗性シラミ対策が必要

近年、抵抗性シラミが増えています。

抵抗性シラミとは、殺虫剤に対する抵抗力を持っているシラミです。つまり、ピレスロイド系殺虫剤が効かなくなってきているということです。

元々は、シラミが社会問題となっているアメリカで急増したと言われています。

渡航者を介して日本へ持ち込まれたと考えられています。

従来の製品で駆除を続けた場合、3週間以上経っても改善しなければ、抵抗性シラミの可能性も考えられます。

抵抗性シラミにも有効な成分

これらの働きは、抵抗性シラミにも有効とされています。

シラミンローションは、アメリカで開発されました。現地の幼稚園児を対象とした臨床試験もクリアしている製品です。

また、内容量が240mlと多く、スミスリン3本分に相当します。

実際に販売されている価格で比較してみると、1mLあたりの単価もスミスリンより安いことがわかります。

駆除と予防に最適な方法

シラミの駆除だけでなく予防も行いたい場合は、「シラミ完全駆除3点セット」が有効です。

それぞれの役割は、以下のようになっています。

【1】シラミ専用クシ

目視できるアタマジラミは、専用のクシでなるべく取り除きます。

金属製なので熱湯消毒も可能です。

クシを使用する際、毛髪にシラミンローションを塗ってから使うと髪の毛も引っかからずに駆除できます。

【2】シラミンローション

ある程度除去した後、シラミンローションを手に取り、毛髪と地肌に直接すり込みます。

20分以上放置すれば、アタマジラミ駆除の第一段階が完了です。

【3】シラミンシャンプー

毛髪に残っているシラミの死骸を洗い流すのと同時に、しぶとく生き残っているアタマジラミに対し、植物由来成分が有効に働いてくれます。

ニームオイルなど、寄生虫が嫌う成分による再感染予防にも有効です。

>>シラミ完全駆除3点セットの詳細はこちら

注文する際の注意点

シラミンローションは、ロサンゼルスからの発送です。到着まで1週間前後かかります。

シラミ駆除の様々な問題を踏まえると、結果的に手間なく短時間で処置が済むかもしれません。

>>シラミンローションの詳細はこちら

MENU