毛じらみの卵を駆除するには

毛を全て剃れば簡単に卵を減らせる

毛じらみって、意外と大きいようです。その大きさは、実寸で1~2㎜程度あるみたいです。となると、普通によく見たら肉眼でも目視できると思います(ただ、肉眼で見ただけだと、単なるシミにしか見えないため、気付かないケースが多いと聞きます)。

また、その大きさの関係上、目の細かいクシで陰毛をブラッシングすれば、ある程度は除去できるのだとか。別に、陰毛を全部剃らなければいけないわけではないそうです。

毛じらみになると、1回陰毛を全部剃るしかないというイメージだったのですが、意外と対処法は簡単なように思えます。

ただ、そのブラッシングだけで、毛じらみを全て除去できるわけでは、やはりないようです。なぜなら、毛じらみは陰毛に卵を産み付けている場合が多いからです。つまり、成虫になった毛じらみをクシで取り除いても、またその卵が孵れば、症状がぶり返してしまって意味が無いなんて事にもなりかねません。

となると、やはり毛じらみを完全に除去するには、陰毛を全て剃ってしまうしかないのかと思いきや、今では、スミスリンのようにシラミの治療薬として認可されたシャンプーやパウダーもあります。

ただ、これでの治療には2週間ほどかかるため、全部陰毛を剃るのとは違って多少時間はかかるみたいです。それでも、陰毛がまだ生えそろうまでの時間を考えれば、スミスリンを使用したほうが比較的簡単に解決するのかもしれません。