アタマジラミが大人で少ない理由は?

認識の違いや集団行動の少ない分感染しにくい

アタマジラミの被害数は、大人の方が子供に比べて、圧倒的に少ないようです。
しかし、アタマジラミは、髪に住み着いて頭皮から吸血することで激しい痒みをもたらす、寄生虫。別に、被害数が子供に偏る理由は無いように思えます。

一方、ケジラミは陰毛部分に寄生する関係上、感染経路も性行為による接触に限られるため、被害数は大人の方が圧倒的に多いものとなります。

では、なぜアタマジラミによる被害は、大人の方が少ないのでしょうか?

以前は、大人は子供と違って免疫があるからかなと思ったのですが、別に免疫云々は無関係とのことでした。なんでも、アタマジラミは接触による感染が主であるため、髪同士が触れ合うくらいじゃないと、移されることは無いのだそうです。

つまり、日常的な他人との接触における距離感が、子供の場合は近く(友達と遊ぶ時など)、大人の場合は遠いため、アタマジラミに感染するリスクにも差が出てくるということですね。

また、幼稚園や小学校、中学校と何をするにも集団で行動することが多い為、その中でどうしてもシラミなどの感染症が増えてしまうのは容易に想像出来ることです。

しかし、大人であるからと言っても、満員電車とかに乗っていると、必然と他人との距離も近くなりますから、一概に安心ということにはならないと思います。いざという時のために、アタマジラミを駆除するために薬用シャンプーを1つくらい買い置きしておくとそうした心配もなくなります。