アタマジラミはクシのみだと不十分?

卵が小さいのでクシでの除去が難しい

アタマジラミの大きさは、2~4㎜ほどあるそうです。
寄生虫と言う割に意外と大きいな、と個人的には思いました。実際、注意深く観察すれば、人間の目でも髪の毛の中にいるアタマジラミを見付けることは、十分可能とのことでした。

アタマジラミを知らない人だと、単なるシミかゴミと思って見過ごしてしまう場合も多いそうです。

尚、アタマジラミを英語で『Head lice』と呼びますが、一瞬、「お米?」と思ってしまいますが、米は、「Rice」なので読み方も見た目も似ていても、全く関係ないようです。

アタマジラミは、ある程度大きさがある関係上、少し目の細かいクシを使用すれば、アタマジラミを髪の毛から除去することもできるそうです。
これなら、わざわざ薬用のシャンプーやパウダーを使わなくても良さそうですよね。

しかし、実際のところ、アタマジラミへの対処は、クシのみでは不十分みたいです。なぜなら、アタマジラミは髪に寄生して頭皮から血を吸うだけでなく、髪の上に卵を産み付けているからです。

なんでも、卵はアタマジラミの成虫よりも小さく、また、髪に強く接着されているため(指で力を込めて潰さないといけないくらいだそうです)、クシでは除去できないのだとか。

クシでアタマジラミを駆除しても、また卵が孵ってしまいますから、結局は一時しのぎにしかならないそうです。そのため、アタマジラミの疑いがある場合は、すぐに薬用シャンプーやパウダーを使って対処するのが、一番確実とのことでした。

しかし、その薬用シャンプーのスミスリンでも卵自体を除去することはできないので、成虫と卵を両方同時に駆除することの出来る客用シャンプーやローションを使用するのが最適な方法であることに変わりありません。