アタマジラミが流行しやすい季節がある?

季節・時期は関係ありません

アタマジラミの流行に季節は関係ないと言われています。

夏前~夏の最中がアタマジラミの季節と思われている理由は、プール開き前に集団検査をして気づくことが多いからです。

冬場よりもチェックする機会が多いだけと言われています。

秋口に多いと言われる理由

アタマジラミは、秋口に被害が増えると言われる場合もあります。

理由は、夏前~夏の最中に移ったアタマジラミが繁殖し、子供自身が自覚したり家族が異変に気づく頃と考えられています。

アタマジラミの成虫は、寿命が30~45日程度です。メスが産む卵の数は、1日5個です。一生涯では、最大150個ほど産むとも言われています。

卵がふ化するまでは、7~10日ほどです。

知らず知らずのうちに数を増やし、1~2ヶ月経過。気づいたのが、秋口だっただけかもしれません。

問い合わせが増える時期は10月以降

アタマジラミの被害について市役所などに問い合わせが増えるのは、10月~翌年の1月頃だそうです。

統計では6月と10月に多いという情報もあるようです。どちらにも、共通している10月頃は、特に注意した方が良いのかもしれません。

関連記事一覧

MENU